INTERVIEW社員インタビュー


  • 営業

    小林 崇人Takato Kobayashi

    2018年サイバーエージェント新卒入社。AJA配属。メディア営業としてリクルーティングおよびコンサル業務を経験。現在は広告主営業として、国内大手ゲーム会社や国内大手キャリアを担当。


  • AJAで働きたいと思った理由

    事業への当事者意識が強い組織で働きたいと思っていたため、スタートアップ企業であり新卒から大きな裁量と権限を持って働くことができる環境があるAJAへの入社を決めました。AJAは組織の半数をエンジニアが占めており、「創って、作って、売る」のサイクルを一気通貫で回すことができる点が強みです。
    現在の主なミッションは広告主に向けた営業ですが、並行してプロダクトの設計や外部メディアとの連携プロジェクトなども一部担当しています。幅広い業務に携わることで、アドテクやマーケティングについてより深い知識や多角的な見方を身につけられているように感じます。


  • AJAの雰囲気

    一言でいうと、「とても活気があって、仲の良い組織」です。定期的に開催している全体の飲み会や各セクションの最新情報の共有と市場動向のキャッチアップを目的とした朝会の実施など、社内活性化の施策に力を入れています。
    ヨコの関係性だけでなくタテ・ナナメのコミュニケーションも活発に行われていて風通しがよく、若手メンバーが積極的に意見しやすい雰囲気なので、打ち合わせなどでも議論が活発化することが多いですね。


  • 今後の目標

    より自分自身のジョブサイズを大きくするために、チームとしての成果が求められるマネージャーへのステップアップが足元の目標です。そして将来的には、これまでの経験を活かしながら商品開発のキャリアを積みたいと考えています。
    というのも今後AJAが事業を拡大していくにあたって、数年後には「アドテク」の領域に縛られず新しい領域での事業を展開していく可能性も大いにあります。世の中に対して大きなインパクトを与えるような新規事業を始めようという時に、名前が挙がるような”スペシャリスト”を目指し、自身の専門性や能力をさらに高めていきたいと思います。